MENU

Blog記事一覧 > 交通事故 > あとから痛くなるむち打ち症

あとから痛くなるむち打ち症

2016.02.10 | Category: 交通事故

R0150035
むち打ちは事故直後はなんともなくとも、後から痛くなることが多いです。
首へのダメージが一瞬であるため筋肉、靭帯、神経、血管、骨組織等を損傷しやすいです。
レントゲンで異常がなくても、軟部組織と言われる部分が損傷し、じわじわと硬くなっていくからです。
外傷性頚部症候群とも、外傷性頚部捻挫ともいわれるいわゆるむち打ち症は、軟部組織損傷の治癒にかかる期間は、
およそ3か月と言われますが、組織再生に6か月かかったと、言う研究結果も出ています。
ここで大事になってくるのが後遺症を残さないために、最初の3か月の治療が大切になってきます。
もし事故に遭われた方や、お知り合いにいらっしゃいましたら、すぐに当院へご連絡ください。
全力でサポートいたします。

line@

当院へのアクセス情報

所在地〒841-0054 佐賀県鳥栖市蔵上町662-9
駐車場25台あり
電話番号0942-84-6060
予約予約優先制とさせていただいております
休診日日曜・祝日

フェイスブックをはじめましたの『いいね』お願い致します。