MENU

Blog記事一覧 > 腸腰筋 > 腸腰筋の短縮による弊害

腸腰筋の短縮による弊害

2016.06.17 | Category: 腸腰筋

R0160092

腸腰筋の短縮により、腰痛や、

骨盤が後ろに倒れ、猫背が強くなり肩の痛みが出たり、、

頭が前に落ち込むことにより、肩凝りや頭痛の原因にもなります。

四つん這い体操やストレッチによりゆるめることが出来ますが、

あまりにもにも短縮していると、冷え性や、

腎臓や膀胱の機能低下につながりやすいので、ち注意が必要です。

くすの樹整骨院では、それらの予防と改善が可能となっていますので、

心当たりのある方は、遠慮なくご相談下さい。

 

 

line@

当院へのアクセス情報

所在地〒841-0054 佐賀県鳥栖市蔵上町662-9
駐車場25台あり
電話番号0942-84-6060
予約予約優先制とさせていただいております
休診日日曜・祝日

フェイスブックをはじめましたの『いいね』お願い致します。