MENU

ホーム > Blog記事一覧 > 柔道整復師の未来②の記事一覧

柔道整復師の未来②

2017.10.17 | Category: 柔道整復師の未来②

私たち柔道整復師は、もともとお医者さん不足で、

地域医療の補完の立場でできた職業です。

骨折脱臼も、応急処置として認められるほか、

リハビリも医師の同意の上「やむを得ない」という位置づけにあります。

もっと地域の方々のお悩みに寄り添い、

たとえ保険外の症状であろうとも、治るのであれば、

保険外(いわゆる自費施術)で対応するべきではないでしょうか?

離島の医者が、つらい症状で困って苦しんでいるひとを

自分の学んだ専門外であるという理由で、

追い返すでしょうか?

私たちは病院よりも地域の方の身近に位置しています。

厚労省は柔整の業務に関して、混合施術でなければ、

自費施術を推奨しています。

私たちは、今「やり方」よりも「あり方」を

考える時期に来ています。

伝統のある柔整医療を継承しながら、

時代に合わせて変化し、「何のために」

私たちは業務を行うのか、「誰のために」

私たちは存在するのか。

世の中のためにどう役立っていくのか、

誰かが古い時代に作った経典のような決まりに縛られず、

変なプライドや自分の考えを訴えるのではなく、

しっかり考え直していくべきと思います。

これから、超少子高齢化の時代になっていきますが、

すべての国民が健康で、

医療や介護の世話にならない世の中が、

理想であると思います。

怪我をして施すというのは、

後手ではないか?

結局保険制度に依存し国や国民への負担は変わりません。

いつまでも国に甘えて割引の商売ではいけないのです。

お怪我のメインはレントゲンも麻酔もある病院へ任せて、

運動器の専門家の私たちが、

予防医学の一角を担い

怪我をしにくい体、

転倒予防、

正しい体のつかい方、

ケアの仕方、

鍛え方、

を伝え国民へ根付かせていく役割があると考えています。

10年先を見ていては遅いと思います。

20年先、50年先、100年先、

私たちの子供、孫世代、その先を見て、

その時

より良い日本になっているのでしょうか。

その礎を私の全人生をかけて作っていきたいと思います。

スポーツのお怪我、交通事故治療、どこに行っても治らない腰痛、骨盤矯正、産後、インナーマッスルトレーニングは

くすの樹整骨院

鳥栖市蔵上町662-9-1F

ご予約は

0942-84-6060

キッズルームあり。

予約優先。

駐車場25台。

よる10時まで受付。

くすの樹整骨院ホームページhttp://kusunoki-seikotsu.net/

交通事故ホームページhttp://鳥栖市交通事故治療むちうち.com/

エキテンhttp://www.ekiten.jp/shop_6052353/

くすの樹整骨院は

鳥栖市 佐賀市 小郡市 柳川市 筑紫野市、久留米市、福岡市、みやき町、基山町、吉野ヶ里町 上峰町 神埼市

などからいらしていただいています

line@

当院へのアクセス情報

所在地〒841-0054 佐賀県鳥栖市蔵上町662-9
駐車場25台あり
電話番号0942-84-6060
予約予約優先制とさせていただいております
休診日日曜・祝日

フェイスブックをはじめましたの『いいね』お願い致します。