MENU

ホーム > Blog記事一覧 > 膝の記事一覧

マラソンの膝のお怪我はくすの樹整骨院

2016.04.04 | Category:

IMG_0476IMG_0479
昨日は桜マラソンお疲れ様でした。くすの樹整骨院のスタッフも楽しんで走ったみたいです。天気も何とか持ってくれてよかったです。
やっぱり心配なのが怪我ですよね。走っていて痛みが出るところといえば膝周り。ベテランの方でも痛めることがありますよね。
膝も痛みの出現する部分で原因は違いますが、ランナーでよく痛められるのが、膝の外側の部分の腸脛靭帯炎という症状です。
特に中高年ランナーに多いです。発生原因として、フォーム不良、ストレッチ不足、摩耗して癖の付いたシューズ等です。
踵の接地角が、外側に偏り、外側に張力がかかり、腸脛靭帯というひざ下から骨盤までついている組織に負担がかかり、
炎症が起きてしまうのです。
くすの樹整骨院では、外側荷重の癖の付いた足や、外から足を巻くような走り方をされる方の足の矯正もやっていますので、
ランナーの方でお悩みの方は、是非くすの樹整骨院までご相談下さい。
痛みもハリも取れて、疲れにくくなり、メチャクチャ走りやすくなりますよ!

膝痛のための糖質制限ダイエット

2016.03.26 | Category:

R0160044
変形性膝関節炎、変形性足関節炎等、荷重がかかる関節の症状は、
体重のコントロールが必須になります。いわゆるダイエットですね。
しかしダイエットといえども、なかなか難しく、失敗に終わることが多いようです。
一時的に我慢に我慢を重ねて、体重を落としてもリバウンドしてしまいますね。
私も今糖質制限ダイエットをしているのですが、食事で我慢したくないし、お酒も大好きだし、夜も遅いし、
ダイエットに不向きの日常を送っていますので、気長にやってますが、お腹いっぱい食べて呑んで1か月で6キロ落ちました。
これは、筋肉も脂肪も一緒に落ちてると思いますが、体はすごく軽くなりました。
しかも我慢という我慢はせずに。
いいですね。糖質制限ダイエット。
何より簡単。カロリー計算もなし。我慢なし。
炭水化物(米、小麦、麺類、パン等)を少なくするか、食べないで、
脂質や野菜タンパク質は気にせずしっかり食べるというやり方です。
気を付けることは意外に野菜に糖質が入っていることです。
例えばニンジン、イモ類、カボチャ、レンコンなどです。
興味のある方は参考になる本をご紹介しますので読んでみてください。
 ”間違いだらけの糖尿病食”   堺研二 著
 ”糖質制限食パーフェクトガイド”  江部康二 著

鳥栖市の膝の捻挫はくすの樹整骨院

2016.03.22 | Category: 未分類,

R0160028
バレーボールをされていて膝を痛めた方が来られました。
半月は異常ないようでしたのでよかったですが、良い機会ですので
半月板の損傷について書きます。半月は膝の関節の間にあるC型をした軟骨様の板で内側、外側があります。クッションとスタビライザーの役目を果たしています。
これが損傷すると曲げ伸ばしの際に、痛みや引っ掛かりを感じたりします。
ひどい場合には、水がたまったりして、急に膝が動かなくなる”ロッキング”という状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。
原因はスポーツなどのケガの場合と加齢により傷つきやすくなっている半月に微妙な外力で傷つく場合とがあります。
40歳以上で損傷しやすくなってくるといわれています。
半月板は手術が必要になることもありますので、当院では膝の専門の堺整形外科スポーツクリニックと提携していますので検査が必要と判断したら
ご紹介し検査を勧めています。
お近くの病院が良ければそちらの方へ検査の依頼を致しますので遠慮なくおっしゃってください。
まず膝のお怪我をされたらくすの樹整骨院へご連絡ください。

膝の痛みはくすの樹整骨院

2016.03.03 | Category:

IMG_0805[1]
膝の痛みはくすの樹整骨院へご相談下さい。
他の病院で手術と言われたりしたものでも、手術をせずに当院の施術で治るものがあります。当院では整骨院で治るものと、手術が必要なものと振り分け、必要だと判断したら、膝の専門の提携病院へ紹介させて頂く流れになります。
何年も正座が出来なったような可動域制限のある方でも正座が出来る可能性があります。(人工関節の方は無理ですが)
また膝の痛みの個所に応じて原因が異なり、骨壊死や半月板、変形性の関節症などの場合、専門の病院での治療の方が早く良くなりますし、
それ以外の症状で当院での治療が効果的な場合もあります。
悩んでいらっしゃる方がおられましたら、ぜひくすの樹整骨院へご相談下さい。

膝の痛みは糖質コントロール食のダイエットが効果的。

2016.02.26 | Category:

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


変形性膝関節症の方などは糖質制限食で体重をコントロールしながら治療すると手術予定の方が手術しないでよくなる方が
いらっしゃると堺整形外科医院の堺研二先生は著書の中でおっしゃっています。
それ以外にも目から鱗の内容がたくさんの堺研二先生の書籍『間違いだらけの糖尿病食』めちゃくちゃおすすめです。
私もそこからもっと知りたくなり”糖質制限食の第一人者”高尾病院の江部康二先生の書かれた書籍を集めまくりました。
医療に携わる者のはしくれとして、健康に関する優良な情報や知識を身に着け、患者様に提供していくことは私達の
務めと思いますので、これからも真摯な姿勢で勉強し、皆さんにより良い施術とアドバイスを提供できように頑張ってまいりますので
よろしくお願いいたします。

膝の痛み

2015.11.15 | Category:

IMG_0633[1]
尊敬する堺先生の著書をやっと手に入れました。糖質をコントロールすることで体重をコントロールする方法を書かれてあります。
が整形外科医の観点から書かれているところが価値があります。よりリアルで、実践的です。
膝の負担を減らすいい方法だと思います。私もこのままではOA(変形性膝関節症)まっしぐらですので、拝読させて頂き実践していきたいと思います。
気になった方は是非読まれてください。

お見舞い

2015.11.15 | Category:

IMG_0632[1]
堺整形外科で膝の骨壊死と半月板の手術をされた患者さんの様子をうかがいにお見舞いに行ってきました。
リハビリに頑張っているとお話しになっていたので少し安心いたしました。骨壊死は
専門でないとなかなかわかりにくい症状で今回も他の整形では骨にレントゲン上所見はないということでしたが、
ご紹介させて頂いた堺整形外科医院で診察して頂きました。
これからも患者様にとって最善の方法の選択ができるように勉強し、病気や専門の検査が必要な傷病をみおとさないように、
真剣に仕事をしていきたいと思います。
膝の症状でお悩みの方はまずお気軽にご相談下さい。

line@

当院へのアクセス情報

所在地〒841-0054 佐賀県鳥栖市蔵上町662-9
駐車場25台あり
電話番号0942-84-6060
予約予約優先制とさせていただいております
休診日日曜・祝日

フェイスブックをはじめましたの『いいね』お願い致します。