坐骨神経痛

ヘルニア

坐骨神経痛は病名ではなく
「症状」のこと。

  • 腰だけでなく脚にもしびれがある
  • デスクワークや運転で長時間座り姿勢が続く
  • お尻に違和感がある
  • 長時間立つor座るで腰やお尻が痛くなる
  • 足の力が入らない
  • 身体の重心を傾けて、片足重心で立ってしまう

坐骨神経痛を起こす原因とは?

坐骨神経痛の主な原因は、腰椎椎間板ヘルニアと、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)です。この2つの原因を見分けるには、腰を後ろにそらしたときに腰や足が痛めば腰部脊柱管狭窄症。逆に前かがみになると痛みが出る場合は腰椎椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニア

腰の骨(腰椎)と腰の骨の間でクッションの役割をしている椎間板という組織が急性あるいは慢性的に外に飛び出してしまうものを椎間板ヘルニアといい、腰痛のほか、脚のしびれなどの症状を引き起こします。

長時間中腰や前屈みなどの姿勢でいたり、急に重いものを持ち上げたりした時に発症することが多いです。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管は背骨の中央にあり、脊髄とそれに続く神経(ばび神経)が通っています。この脊柱管が狭くなるのが脊柱管狭窄症といい、腰のあたりで発症すると、腰部脊柱管狭窄症となります。腰部脊柱管狭窄症を発症すると、ばび神経を圧迫し、腰の痛みや足のしびれなどの症状を起こします。多くは加齢により腰椎が変化し、脊柱管が狭くなることで起こります。

坐骨神経痛の症状が起こったら

治療と意識

坐骨神経痛の症状の治療には保存治療や手術での治療がありますが、肝心のご本人の姿勢や行動が大きく関係します。姿勢が悪かったり、腰に負担がかかるような生活をしていては、治療を行っても症状は改善しにくいです。治療と同時にあなたご自身の意識も非常に大事になってきます。

姿勢はS字カーブを意識する

図のように猫背であったり、逆にそらしすぎの姿勢は腰椎に負担がかかり、症状の悪化につながります。S字カーブを描くような姿勢を意識していきましょう。

ただし、腰部脊柱管狭窄症の人は、正しい姿勢でも痛みが出ることがあるので、少し前かがみの姿勢になってもいいでしょう。

姿勢

本来あるべきカラダを取り戻す
坐骨神経痛に対する
くすの樹整骨院のアプローチ

坐骨神経痛の施術について

説明

原因の把握と説明

坐骨神経痛が起こる原因として多いのが、日常生活での姿勢の悪さです。この姿勢の悪さが、身体全身のバランスを崩し、骨盤・骨格の歪みやお尻・脚の筋肉を固くする状況へとつながっていくのです。

ですのでくすの樹整骨院では、坐骨神経痛を引き起こす原因となる歪みの箇所・程度をきちんとまず把握し、皆様にご理解いただけるようご説明させていただきます。

坐骨神経痛施術

痛みに対した根本原因を取り除く

主な原因となる骨盤や背骨のズレや歪みを本来の位置に戻し、神経への負担をなくす治療を行い、根本改善へつなげます。

説明

施術後の変化と施術方針の説明

今回行った施術内容と身体の変化についてご説明させていただきます。

また、完全に身体の状態を取り戻すまでの施術期間や方針についてもご説明させていただきます。

施術を受けた皆様から
たくさんのご感想をいただいております!